義歯

歯周病でもインプラントは受けることができる?

時代が流れるほどにどんどん進化を続けている現代医療の世界ですがここ近年でとくに注目されているのが歯科医療の分野です。
歯科医療というと多くの人にとって最も身近な病院というイメージがあると思いますがそんな日常生活と密接に関わりあっている歯の治療法で最近話題になっているものがインプラントの技術です。
インプラントは非常に綺麗な見た目に仕上がるということで芸能界でも受けた人がたくさんいることでも有名になりましたがここ数年の間で一般の人の中でもインプラントを受ける割合が高まってきたといわれています。

入れ歯やブリッジなどの治療法に比べて、インプラントは周囲の歯に影響を与えることが少ないというメリットがありますが、その代わりにインプラントを固定するための自分のあごの骨や歯茎が健康で丈夫である必要があるとされています。
そのようなこともあり、インプラントを受けようと考えていて歯周病を患っているという人は、インプラントの治療よりも先に歯周病を治すことが先決になります。
仮に歯周病の状態でインプラント治療を受けたとしても、インプラントの寿命が短くなったり、せっかく入れたインプラントがインプラント周囲炎という病気にかかる危険性が高まるといわれています。

このページの先頭へ