義歯

インプラントに年齢制限はある?

自分のあごの骨に歯根を埋め込んで固定する治療法としてすっかり有名になったインプラントですが、見た目がとても綺麗に仕上がるということや食事の際にまるで自分の本当の歯で物を食べている感触が得られることから多くの人が積極的にインプラント治療を選んでいるということを耳にするようになりました。
また、有名なところではテレビなどで活躍する芸能人の多くもこのインプラントを受けているといわれていて、なかには多くの歯をインプラント治療し歯並びを大幅に整えたという人もいるほど、見た目の仕上がり具合にはプロも認めるほど高い評価を得ているとされています。
そんな優れた治療法であるインプラントですが、気になるのはインプラントを受ける患者側の適正の問題です。

どんな人であっても費用さえ払うことができればインプラント治療を受けることができるのでしょうか?
現在では、インプラントに影響のあるタバコを一定期間やめることが条件になっていたり歯周病を患っていたら、優先して歯周病の治療をしなければならないという条件がありますが、その他にも重要なものとして、患者が16歳以上であることが必要といわれています。
インプラントに年齢制限がある理由としては、インプラントの特性上あごの骨に加工を施すため、骨の成長がある程度落ち着くとされる16歳以上の年齢に患者が到達していることが推奨されています。

このページの先頭へ