義歯

ブリッジとインプラントは何が違うの?

仕上がりの見た目の良さと本来の自然な歯で物を食べているような噛み心地が高く評価されている最先端医療技術のインプラントですが歯並びが重要になってくる芸能人や人前に出る職業の人たちの多くが積極的に受けている歯科治療ということでもすっかり市民権を得たように感じます。
とはいえ、いままで一般的であった治療法にくらべるとまだまだ定着していない部分も多く、実際に旧来の治療法にくらべどのような違いがあるのかが明確に伝わっていないと感じる関係者も少なくないようです。
最先端治療のインプラントと昔ながらのブリッジ治療とではどのような違いがあるのでしょうか?

まずインプラントの大きな特徴としては、まるで自然な歯と思えるような綺麗な仕上がりや、本当の歯で物を食べていると錯覚するほどの定着感があるという点です。
ただし、良いことだけではなく、治療に保険がきかないということや専門的な知識が必要なため限られた歯科医院でなければ受けられないといったデメリットも存在します。
それに対し昔ながらのブリッジ治療は、使用する歯の素材によっては保険が適用になったり、固定するという治療の特性上、ほとんど歯にブリッジをつけているという感覚がないというメリットがあります。
その反面、固定するために周囲の健康な歯に穴を開ける必要があるというリスクも存在します。

このページの先頭へ