義歯

金属アレルギーでもインプラント治療は可能?

限りなく自然な歯並びに近い見た目が得られるということでも人気のインプラント治療ですが近年では多くの芸能人がこぞってインプラント治療を受けていることでも、注目されている医療技術として広く知られています。
ブリッジや部分入れ歯に比べると、他の歯に穴を開ける必要がなかったり食べ物を噛んだときの感触が、まるで本来の自分の歯のような実感が得られることでも高く評価され多くの人が選んでいる歯の治療法ですが、現在治療を検討中の人が悩んでいる問題に金属アレルギーへの不安要素を抱えている人が非常に多く存在するということがいわれているようです。
インプラントは金属製のネジをあごの骨に埋め込んで、その上に人工の歯を装着するという治療法ですが、インプラントに使用しているネジが金属製であるという部分でアレルギー体質の人は躊躇しているという声をよく耳にします。

インプラントで使用するネジは純度が非常に高いチタンでできていますがこのチタンの特性として空気に触れると酸化し表面に膜ができるため金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出す心配はほぼ無くなるといわれています。
また、ネジに装着する人工の歯もオールセラミックでできているような金属アレルギーが起こりにくい素材を使えば問題ないといわれていますのでもしも不安に感じている人は専門家に相談してみると良いでしょう。

このページの先頭へ