義歯

インプラントの一回法と二回法って?

非常に綺麗な仕上がりや術後の自然な定着感などが高く評価されている
最先端の歯科医療技術であるインプラント治療ですが、インプラントとひと口にいっても
その治療のスタイルにはいくつかの種類があるといわれています。

一般的にインプラント治療で用いられる治療スタイルには一回法というものと
二回法という2種類の方法が存在しています。

一回法のインプラントはその名の通り、一度のみ切開手術を行う方法のため
患者への負担が少ないといわれています。

具体的にはフィクスチャーと呼ばれるネジ部分と、アバットメントというかぶせ物の歯を
装着する接続部分が一体になったワンピースタイプのものを使用し、
その一部を口内に露出させておき比較的早い期間で人工の歯をかぶせるという方法です。

一方、二回法とはその名の通り二回切開手術を行うため患者への負担が
やや大きいとされています。

二回法は初めの切開でフィクスチャーを頭まで埋め込み、その後あごの骨とインプラントが
定着するまでしばらく期間をおきます。

一定期間をあけたあとで、再び切開を行いアバットメントをその上から装着し
型をとって人工の歯を作製してかぶせるという流れになります。

感染症などを防ぐ意味では現在のところ二回法が推奨されているようです。

このページの先頭へ