義歯

インプラントには痛みは伴う?

年々進歩する医療技術の発展には目を見張るものがありますが、そういった医療技術を何の疑問も持たずに、受け入れることのできる人というのはある意味生物的な柔軟性に非常に優れていると感じるほど、世の中に順応していくことの大切さを日々実感する今日この頃ですが、近年注目されている医療技術にインプラントというものがあります。
インプラントは虫歯や怪我などで抜けてしまった歯を直接あごの骨に固定する手術のことですが、ここ最近になって多くの関心が集まってきたといわれています。
旧来の部分入れ歯やブリッジにくらべ、見た目が良く周囲の歯を傷つけないため非常に優れた治療法として知られていますが、まだまだ世間的な認知度は低く様々な誤解や先入観がはびこり、未だに正しい情報が行き届いていないと指摘する専門家も多いようです。

なによりも現在インプラントに対して大きな誤解を生んでいる部分といえばやはり直接手術を行う部分で痛みがあるのではないかという点です。
いくら仕上がりの見た目が綺麗だったり、他の歯に影響が少ないといっても実際に激しい痛みが伴うと思うと消極的になる人が多いと思いますが現状のインプラントの手術においては、通常の抜歯同様に部分麻酔をかけるためほとんど痛みを感じないというケースが多いようです。

このページの先頭へ