義歯

義歯とインプラントは何が違うの?

時代を追うごとに着実に進歩する医療技術ですが近年多くの注目を集めている歯科医療の治療法にインプラントがあります。
多くの芸能人が受けている治療法としても広く知られていますがやはり人前に出る職業の人達がこぞって選んでいる方法ということだけあってその仕上がりは各方面から高い評価を得ている技術としても有名です。
そんな人気のインプラントですが、気になるのは従来の入れ歯などの義歯に比べてどこがどう違うのかという疑問です。

それぞれのメリットとデメリットを上げてみると、インプラントはなんといっても見た目が良く本来の自分の歯と同じような感覚で食べ物を噛むことができるという点です。
一方デメリットは、保険がきかないため治療費が高額なところや、若干の手術が必要になるという点、また最先端医療ということで専門的な技術が必要になるため限られた歯科医院でなければ受けられないというところです。
それに対し、義歯として昔から多くの治療に用いられてきた入れ歯のメリットは保険がきくものが多いというコストパフォーマンスに優れた面や、場所を選ばずほとんどの歯科医院で治療を受けることができるというところです。
反面デメリットとしては、物を食べるときに違和感があったり歯の安定のため金属のバネをつけることがあるなどやはりそれぞれ一長一短のようです。

このページの先頭へ