義歯

インプラントができない場合の治療方法は?

時代を経るごとに新しいものがどんどん生み出されてきた世の中ですがとくに医療の世界においてはその傾向が顕著にあらわれているといわれるほど現代医学の技術や知識というものは非常に発展したものとして多くの方面から高い評価を得ています。
そんな高度に成長した医療業界の中でも、近年とくに注目されている分野が歯科医療のジャンルです。
とりわけ入れ歯やブリッジなどに代わる新しい歯の治療法として多くの話題に上るのがインプラント治療ですが、芸能界はもとより最近は一般の人のなかにも積極的にインプラント治療を検討する人が増えたことによって、あらたな問題が浮上してきたようです。

その問題というものは、患者さんのコンディションなどの事情によってインプラント手術が受けられないケースです。
歯や骨格の成長が落ち着いてくる16歳以上であれば概ね誰でも受けられるインプラント治療ですが、患者さんの中には骨の厚みが足らずにインプラントを断られることがあるようです。
一般的にインプラント治療を行うための歯を固定させる骨が不足している場合にはGBRという歯周組織再生療法を施る必要があるとされていますがそれでも難しい場合は、多くの歯科医院でブリッジなどの代替治療が推奨されているようです。

このページの先頭へ